こんなに違う理想の女性!

ママ友間でみる理想の女性

同じ女性同士、その中でもママ友の間での理想の女性というのは、
日本人男性が求める女性像と少し似ているのかもしれません。
それは育児や家事をきちんとこなすという点で共通しているからです。

産後や育児中に鬱になる人も少なくありませんが、まずは友達を作ることが大切です。
出産をする病院での検診や産後の入院中などに友達になるケースが多く、同じ環境、
同じ月年齢の赤ちゃんがいることで共通の話題も増えますし、心強い味方です。

また市町村が実施しているプレママ教室やベビープログラムなどでも地域に同じ境遇の友達が増えるので是非参加してほしいところです。

理想のママ友とされる人たちは、このような活動に積極的ですし交友関係も広い人が多いです。

産後は赤ちゃんと2人、家にこもってしまう人が多いですが、友達を作り、外へ積極的で出かける機会を作ることが大切です。


そこで以下のような「ママ」が理想とされています。

●子供といる時は笑顔で同じ目線で思い切り遊んであげられるママ
 常に笑顔で一緒にいて楽しく、スマホなどを渡さず一緒に遊んであげる。

●おもちゃやお菓子を手作りできるママ
 市販品ばかりを買い与えずに成長に合わせたおもちゃや
 健康を考えたお菓子なども手作りできる。

●積極的にイベントに参加するママ
 子供向けの地域イベントなどに参加したり、
 一緒にどう?と声をかけてくれる。

●育児もしながら家事もきちんとできるママ
 家も綺麗に片付いていて、出かける前に家事もきちんとこなしている。

●常に自分を磨いているママ
 生活に疲れた感じを出さず、流行にも敏感である。
 エステや脱毛に通い、ママの前に女であることも忘れない。

ママとなると時間の使い方がいかに上手か、
ということが大きなカギになってきます。 育児と家事、
そして余った時間をどうやって自分のために使えるか?が重要ですね。
宮崎県のミュゼプラチナム一覧にもありますが、
今はエステサロンなど自分を磨く方法がリーズナブルになってきています。
一昔前に比べて、綺麗なママが増えてきたのはそのためかもしれませんね。