こんなに違う理想の女性!

女性の理想は専業主婦?

現役女子大生に将来の夢の統計をとったところ、
驚くような結果が返ってきました!

将来なりたいものがあって大学に通っている人は実際は少なく、
なんと…約7割の子が結婚後は「専業主婦」になりたいというのです。

専業主婦、たしかに想像すると、
満員電車での通勤や期限のある仕事をまかせられたりというプレッシャーはなく、
家で好きな時間に好きなことができるイメージですよね。

ネイルやエステに行ったり、友達とランチやショッピングに出かけたり、
毎日そんな悠々自適な生活を送っているわけではありません。

専業主婦は基本的に24時間365日労働、休みはなしです。
朝食やお弁当を作り、旦那さんを送り出したら、片付けや洗濯、家の掃除などをします。
買い出しに行って、夕食の準備や片付けをしたり、子供がいればその間に宿題をみたり、
学校行事への参加、習い事への送迎もしたりします。

赤ちゃんや幼児がいれば、常に傍らにいて育児をしながら
これらの家事もしなければなりませんし、1歳未満の赤ちゃんがいれば、
授乳も2時間間隔ですし、睡眠もなかなかしっかりとれません。

そしてなんと専業主婦の仕事内容を年収に換算すると…
約1200万円となるそうです!

これは時給にすると約2600円、なかなかの高時給ですよね。
それだけ働いているということですが実際に報酬をもらうことはありません。、、

そんなわけで、専業主婦を数年すると、、
「外で働きたい!」と思う人が逆に増えてきます(笑)

そりゃ、無償で働くよりも、少しでも働いた分報酬がほしいですもんね。
報酬面だけではなく、狭い家庭環境の中にいるよりも、外へ出て環境を変えることによって、
家庭とのメリハリをつけられると考える人も多いようです。

家事や育児から離れる時間は貴重ですし、
限られた時間の中で家事をすることで効率もあがりますからね。
専業主婦をしてみたいなら、一度ドップリ家庭に浸かってみるのもいいかもしれません。
そこから新たな一歩がまた踏み出せるはずです。